医療機関でニキビ治療

美容皮膚科で治す

女性

皮膚科では保険診療でニキビ治療ができます。保険診療で出来るニキビ治療には、漢方、抗生物質、ビタミン剤などの内服薬や、トレチノイン・ハイドロキノンなどの外用薬があります。しかし、ニキビを完全に治してつるつるの美肌にするには、保険診療では限界があります。特に凸凹のクレーターになってしまっていると、内服薬や外用薬による治療で完全に治すことは不可能です。 ニキビ跡の赤みや色素沈着、でこぼこのクレーターには美容皮膚科のレーザー治療が有効です。フラクショナルレーザーはクレーターに効果があり、一回2万円程で出来る治療です。また、ケミカルピーリングやイオン導入もニキビ肌に効果があります。どちらも7千円位で出来ます。

症状にあった治療をしてくれる

ニキビを医療機関に行って本気で治したいなら、最初は一般皮膚科で保険診療で治療を受けてみて、それでも満足いく結果が得られなかった場合は美容皮膚科に行って自由診療で治療を受けることをお勧めします。一般皮膚科と美容皮膚科の診療を同時にしているクリニックもあります。 美容皮膚科ではニキビ肌向けのローションやピーリング石鹸などのメディカルコスメも購入できます。保険は効かないので一般的に売られている化粧品よりも高くなりますが、皮膚科のドクターが自分のニキビの症状にあった化粧品を選んでくれるので安心です。 ニキビは初期状態であれば一般皮膚科で簡単に治せますが、クレーター状になってしまうと治すのに時間がかかるので、跡が残らないように早めにケアをする事が大切です。